松岡圭祐
Keisuke Matsuoka



1968年12月3日生まれ。愛知県出身。
小説デビュー作『催眠』がミリオンセラーとなり、当時小学館文庫の歴代1位の売上を誇る。
大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは628万部のヒットになった。
角川文庫『万能鑑定士Qの事件簿』シリーズは初年度の売上のみで200万部に達し、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞した。
東映『千里眼』の脚本とキャスティング、東映ビデオ『千里眼キネシクス・アイ』の監督を担当した。
他に小説作品は『探偵の探偵』『ミッキーマウスの憂鬱』『特等添乗員αの難事件』『水鏡推理』『蒼い瞳とニュアージュ』など。
身長180cm、体重71kg。趣味はドライブとダイビング。
 




Back